みどうすじ、徒然なるままに

IT企業でキャリアアドバイザーをしています。普段の小さな気付きから哲学的な考えまで、書きたいことを自由に書きます

高校教員からITベンチャーへ転職して丸2年が経ちました。

こんにちは、御堂筋です。 ITベンチャーでキャリアアドバイザーをしています。

最初のキャリアはある自治体での高校教員、つまり公務員だったのですが、そこから逃げるように転職し行き着いた先がITベンチャーでした。

そんなITベンチャーに転職して、2022年の4月でちょうど2年が経ちました。

今回は「2年を振り返って、どうだったか?」ということについて書いていこうと思います。

きっかけは本当に偶然

元々「ITベンチャーに行きたい!」という想いは全くありませんでした。 というよりその考えがありませんでした。

最初の転職の動機は 「とにかく教員を辞めたい」 その気持ちだけで進めてしまったので、そのときは特に絞っている業界や、そもそも転職軸がほぼありませんでした。

その証拠に、最初の転職活動時にお世話になったエージェントとの面談にて伝えた条件が以下でした。

- 残業時間の上限:80時間
- 年間の休日:40日以上あること

これだけでした。笑

なにせ教員時代は

- 1ヶ月の残業時間:130時間以上
- 年間の休日:26日

という状況だったもので…

この条件についてはエージェントも、

「そんな条件の会社はありませんw どこもある程度担保できますw」

といった反応でした。

そのため、最初の転職活動ではだいぶ苦労しました。

80-90社ほど書類を出し、年齢や学歴はそこまで悪くなかったのでその内30社程は面接の機会を頂戴しましたが、 なにせ面接が通らない。

  • 「どうしてこの業界なの?」
  • 「塾業界とかに絞ったりしていないの?」
  • 「本当に転職したいと思っているの?」

そういった質問に、当たり障りの無い回答しかできず、決め手にならない結果お見送りがほとんどでした。

唯一自分を肯定してくれたのが、2社目のITベンチャー

そんな中、ある会社と出会います。

その会社の面接では、自分の状況を正直に話した上で、自分のやりがいについてもありのままに話しました。

そうすると、他の会社よりも反応が大きく異なりました。 具体的には、相手から返ってくる言葉が違いました。

良いですね! その気持ち、とっても大切ですよね。

そういった言葉をいただきました。

今までは転職活動で厳しいお言葉ばかりを頂いていたため、非常に嬉しかったことを今でも覚えています。

無事に一次面接を合格し、最終に進み、そのままスピーディーに内定を頂くことができました。

受けた会社の理念や、根本の考え方に共感した ため、即入社を決めました。

(ちなみにどんな事業をやっているのかはそこまで掴んでいませんでした。笑 
逆に言うと、根本の価値観で共感していたので、事業が変わったとしても問題ないと考えていました。)

前職から現職への転職活動時も、そこまで「IT」ベンチャーという軸は無かった

紆余曲折あって、前職から転職しようかなと考えていたときは「ベンチャー」という軸はありましたが、「IT」へのこだわりはそこまでありませんでした。

ただ、数社お話の機会を頂戴する中で 「あ、ITって、今後の大きな課題なんだ…!確かにそこに自分が関わったら面白いかも!」 と考えるようにはなりました。

具体的に感じた課題感としては以下のような部分でした。

  • どこの企業もエンジニアが足りていないこと
  • エンジニアは「企業紹介」を中心としたエージェントを好まないこと
  • 一方でキャリアに悩んでいるエンジニアは多いこと
  • エンジニアへ貢献していくことによって、今後の日本がどう成長していくかが明確になっていくこと

お話を聞きながら、自分がこの業界で貢献していくイメージが湧いたため、入社を決断しました。

この業界でいちばん好きなところはカルチャーマッチを求めるところ

転職活動をする中で、どの企業もカルチャーマッチを求める部分に魅力を感じていました。

企業が定めたミッション・ビジョン・バリューをベースに、どんな考え方を持っているのか、将来的にはどうしていきたいのか、等を中心にお話することが出来た部分に体験の良さを感じました。

また、価値観の近いメンバーと働くことが出来るため、そこまで大きな違和感を感じることなく同じ方向に向かって頑張れることもストレスなく働けていることの要因の一つかなと思います。

『ビジョナリー・カンパニー2』でも書いてありましたが、「誰をバスに乗せるか」というのは本当に大切なのだなと実感しました。

たとえ今後別の企業に転職することになっても「カルチャーマッチ」という部分は自分自身も妥協せずに検討していきたいと思います。

振り返ると、ITベンチャーに飛び込んだのは良い選択だったと言える

最初は、「ベンチャーって、どうなのかな?自分は付いていけるのかな??」と不安が沢山ありました。

しかし、働いてみると、

  • 価値観の近いメンバー
  • どんな状況でもぶれないビジョン
  • オープンマインドでギブをし合う業界文化

こういったことに助けられながら2年間働くことが出来ました。

教員の頃はこれと間逆の組織で、今と正反対の気持ちを抱えながら仕事をしていて、 「自分が幸せじゃないのに、子どもを幸せにすることなんて、出来ない…」 と思っていたので、すごく有り難いなと感じています。

最初の転職活動でたくさんの企業からお見送りをいただいたこともこの選択に繋がっていると考えると、この選択は正しいと思っています。

終わりに:今後もIT ベンチャーで働き続けて、この業界を盛り上げていきたい

ITベンチャーという素敵な業界で勤めて2年が経ちました。 まだまだ少ししか知らない状態ではありますが、毎日幸せに楽しく働けています。

この業界をもっと良くして、一人でも多くの方が「ITベンチャーで挑戦してみよう!」と思ってもらえるように、自分も今後はこの業界からは離れず、できることをしていきたいと思っています。

少しでも興味のある方はぜひコメントやメッセージ頂ければと思います。

以上です、最後までお読みいただきありがとうございました。